生え際のかゆみは要注意!

でこの生え際が痒い…このような悩みを抱えている方は、少なくありません。生え際の痒みは、放置していると頭皮環境の悪化から抜け毛・薄毛につながるため注意しなければいけないのです。

 

今回は、生え際のかゆみの原因と対策について詳しくお伝えしていきます。

 

生え際の痒みの原因と対策

 

生え際が痒くなってしまう原因には、次のようなことが考えられています。

 

  • 皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化
  • 洗顔料・シャンプー液のすすぎ残し
  • 生え際の乾燥

 

皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化

 

特に夏場になると頭皮が痒くなったり、夕方ごろになると頭皮が痒くなる場合、皮脂の過剰分泌が考えられます。必要以上に皮脂が分泌されることで生え際が痒くなってしまうのです。

 

この場合、洗顔やシャンプーで余分な皮脂汚れを洗い流すことで痒みが落ち着くことがほとんどです。過剰な皮脂をそのまま放置していると、ニキビになったりブツブツができたりと、頭皮環境の悪化につながります。

 

汗をよくかく場合、常に清潔にするように心がけましょう。

 

洗顔料・シャンプー液のすすぎ残し

 

生え際は、洗顔料やシャンプー液のすすぎ残しになりやすい部位です。すすぎ残しが原因で、痒みが生じることがあるため、すすぎ残しの内容に丁寧に洗うことが大切です。

 

すすぎ残しによるかゆみも、しっかりと洗うことで落ち着くことがほとんどです。洗顔もシャンプーも、洗う時間よりもすすぎの時間を長くして、しっかりとすすぐようにしましょう。

 

生え際の乾燥

 

生え際が乾燥してしまうことで痒みが生じることもあります。生え際が乾燥してしまう原因としては、次のことが考えられます。

 

  • 洗浄力の強すぎるシャンプー・洗顔料を使っている

 

特に、男性の場合、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている方が多いです。

 

生え際の痒みが気になり始めたら、できるだけ低刺激のアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。アミノ酸系シャンプーなら、余計な汚れは落としますが、刺激が強すぎないため乾燥が気になる方には最適です。

 

 

生え際の痒みの原因として、以上3つが一般的です。まずは心当たりのある原因を見つけしっかりとケアをしておきましょう。

 

なかなか痒みが改善されなかったり、ブツブツが出てきたりした場合は、専門医を受診した治療も必要になってきます。