プロペシアは生え際には効かない?

 

生え際の後退が気になり始めたら、プロペシアを服用しようか悩んでいる方も多いですね。

 

でも、インターネットで調べてみると「プロペシアは生え際には効かない」「M字ハゲにプロペシアは効果がない」などの口コミもあるので不安に思っているのではないでしょうか。

 

結論からお伝えすると、プロペシアは生え際・頭頂部など、部位に関係なく効果があります。そのため、生え際の後退対策としてプロペシアを使うことはおすすめです。

 

しかし、生え際は抜け毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすいこと、血流が悪くなりやすいため、プロペシア”だけ”を服用しても変化を実感しにくい方も多いのです。

 

生え際の後退対策を本格的に行うためには、プロペシアで抜け毛を抑制し、育毛剤で今生えている産毛をしっかりと育毛促進させることが重要なんですね。

 

プロペシアだけ、育毛剤だけなど、何か一つだけに頼っていても満足のいく結果を得られにくいので注意してください。

 

生え際の後退対策については、次のページでさらに詳しくまとめているので参考にしてみてください。

 

>>> 生え際 育毛剤

 

プロペシアが生え際に効かないといわれる理由とは

 

先ほどもお伝えしたとおり、プロペシアは生え際の後退対策としても有効です。

 

しかし、ネットの口コミを見てみると、「プロペシアは生え際には効かない」というのを見かけるので、やはり不安に感じているかもしれないですね。

 

そこで、プロペシアが生え際に効かないといわれる理由についてまとめてみました。

 

既に薄毛がかなり進行してからプロペシアを服用し始めている

 

生え際の後退は、悪玉男性ホルモンDHTの影響で徐々に進行してしまいます。初期段階では、髪の毛が細く短くなっているだけなので、なかなか薄毛を実感できないです。

 

しかし、M字がくっきりとわかるようになってしまうと、既に進行がかなり進んでいると考えられます。薄毛がかなり進行している場合、毛根が弱っていてプロペシアだけでは、なかなか実感できにくくなってしまうのです。

 

そのため、M字ハゲがかなり酷くなってからプロペシアだけを服用しても思うように期待できません

 

このような場合、プロペシアを飲んでも生え際に効かないと感じる方が多いようです。

 

プロペシアは、毛根がまだ元気な場合、ヘアサイクルを整えるため元気な髪が生えてくる手助けをします。しかし、毛根が弱っていたり死んでいると、元気な髪が生えるのは非常に難しくなっているんですね。

 

これが、薄毛対策は早めの対策が必要だといわれる所以でもあります。

 

生え際の後退が初期の場合、プロペシアのみでも実感しやすいですが、ある程度M字に進行している場合は、育毛剤と併用することをおすすめします

 

プロペシアに発毛効果があると思い込んでいる

 

プロペシアの働きには、抜け毛の原因DHTの生成を抑制することで抜け毛を抑えることです。つまり、プロペシア自体に発毛効果はありません。

 

先ほどもお伝えしたとおり、薄毛が初期段階の場合、プロペシアを服用するだけでも発毛したように感じることがあります。(正しくは、ヘアサイクルが正常化しただけで、発毛ではないのですが)

 

しかし、薄毛が進行して毛根が弱っていると、発毛効果のないプロペシア単体ではなかなか期待できないんですね。

 

そのため、ある程度の進行は防げるものの、M字に薄くなってしまった部位に毛は生えてこないので、「プロペシアは生え際に効果がない」といわれるんですね。

 

発毛を期待する場合、有効成分ミノキシジルを配合した「リアップx5」を使うのが良いですね。ミノキシジルは、唯一発毛効果が認められている成分となっています。

 

しかし、ミノキシジルには様々な副作用のリスクも高いため、個人的には積極的にはおすすめしていません

 

最近の育毛剤には、副作用の恐れがほとんどないにも関わらず、ミノキシジルに似た成分を配合した商品も増えてきています。副作用や頭皮への影響を考えると、そういった育毛剤とプロペシアを服用して対策するのがおすすめです。

 

 

プロペシアが生え際に効かないといわれる理由としては、上記のようなことがあるのではないでしょうか。

 

専門医を受診すればわかる通り、生え際の後退治療としてプロペシアを処方してもらえます。これは、医師も効果があると認められているので処方しているんですね。

 

生え際の薄毛は、進行型なのでまずはプロペシアを服用して抜け毛を抑える、そして育毛剤を使って育毛を促進させることが対策には重要ですよ。

 

>>> 生え際 育毛剤