大学生で生え際の後退が気になったら始めたい対策方法

 

まだ大学生なのに生え際が後退してきた…
学校やバイトで他人から生え際を見られるのにストレスを感じる…」

 

このように、生え際の後退で悩んでいませんか?

 

生え際の後退は、20代や30代だけではなく、10代の大学生でも進行してしまいます。

 

しかし、未成年の大学生で生え際の後退対策を行う場合、成人男性と同じように対策することはできないんですね。

 

成人男性の場合、専門医で飲み薬のプロペシアを処方してもらい、抜け毛を抑制することができますが、未成年の大学生の場合、プロペシアを服用することができません。そのため、皮膚科やAGA専門クリニックを受診してプロペシアを処方してもらえないので気を付けましょう。

 

未成年の大学生で生え際の後退が気になった場合、次のような方法で対策を行うことをオススメします。

 

大学生の生え際の後退対策方法について

 

未成年の大学生の場合、副作用の恐れのある薬(プロペシアやミノキシジル)は使えないため、副作用の恐れのほとんどない方法で対策するしかありません。

 

成人してからは、専門医を受診した治療なども行えるようになるので、それまでは次のような方法で対策することをおすすめします。

 

育毛剤・育毛スカルプエッセンスを使う

 

生え際の後退対策として欠かせないのが、育毛剤を使った対策です。

 

ミノキシジル配合の育毛剤は使えませんが、それ以外の育毛剤・育毛スカルプエッセンスなら未成年の大学生でも使えることがほとんどです。

 

最近の育毛剤には、育毛促進はもちろん、抜け毛の予防効果がある商品も増えています。
まずは、そういった育毛剤を使って対策を始めるようにしましょう。

 

育毛サプリメントを使う

 

育毛剤で育毛成分を外から塗布するのと同時に、育毛サプリで育毛に必要な栄養を内からしっかりと補うことも重要です。特に大学生の場合、ひとり暮らしや生活習慣の変化から髪の毛の成長に必要な栄養が不足しがちなことがあります。

 

そのため、「亜鉛」「ノコギリヤシ」などが配合された育毛サプリでしっかりと栄養を補うと良いでしょう。もちろん、普段の食事から亜鉛やビタミンなどをバランスよくとれている場合は必要ありません。

 

 

大学生の生え際対策には、このような育毛剤・育毛サプリを使った対策がおすすめです。

 

とはいえ、育毛剤やサプリを適当に選んでいては意味がありません。しっかりと生え際の後退対策として期待できる育毛剤を選ばないと意味がないんですね。

 

生え際の後退対策にオススメの育毛剤は、次のページで詳しく解説しています。

 

商品によっては育毛剤とサプリがセットになっているものもあるので、そういうのを選ぶと毎月の出費も抑えることができるのでおすすめです。

 

何もしないと酷くなる一方なので、できるだけ早く対策を始めることをお勧めします。

 

>>> 生え際 育毛剤