生え際を発毛させるには”薄毛治療”を受けるしかない!

 

「生え際のM字後退が酷くなってきた…」
「育毛ではなく、発毛を本格的に考えている…」

 

生え際のM字後退や、デコが広くなってきた場合、AGAクリニックでの薄毛治療が注目されるようになってきています。

 

育毛剤や育毛サプリメントを使ったけど実感できなかった方や、専門医の診察の上、適切な治療を行いたい方は、生え際の発毛治療を検討してみてはいかがでしょうか。

 

このページでは、AGAクリニックでの薄毛治療について詳しく解説しているので是非、参考にしてみてください。

 

生え際の後退が育毛剤で実感しにくい理由

 

 

生え際の後退が気になり始めたら、育毛剤を使って自宅で対策される方がとても多いです。抜け毛が気になり始めたり、薄毛初期の場合、育毛剤だけでも十分実感される方が多いです。

 

現に最近では、発毛の専門医が推奨する育毛剤なども発売されている為、その効果・効能も期待できるようになっています。
参考:発毛の専門医が推奨する育毛剤はチャップアップ

 

しかし、薄毛がかなり進行してしまっていたり、育毛剤だけでは実感できない方もおられます。実は、生え際の後退を育毛剤だけでは実感できないのには、次のような3つの理由があるのです。

 

DHTの影響を受けやすい

 

ヘアサイクルを乱して抜け毛・薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は、主に生え際に集中して存在すると考えられています。そのため、人によっては育毛剤だけではDHTの生成を抑制できず、育毛剤を使っていても進行してしまうのです。

 

皮脂の分泌が多く浸透しにくい

 

生え際は、DHTの影響を受けやすい上、皮脂の分泌が多いのも育毛剤を実感しにくい原因の一つです。

 

皮脂の分泌が多いため、育毛剤の成分を奥まで浸透しにくいのです。特にミノキシジルは、もともと浸透力が低い成分であるため、生え際は余計に浸透しにくく、「ミノキシジルは生え際に効かない」とも言われています。

 

薄毛が気づきにくい(気づいたころには、かなり進んでいる)

 

生え際の薄毛は、実は気づきにくいということがあります。一見すると、頭頂部のつむじ周りよりは気づきやすいと思われますが、男の薄毛は徐々に徐々に進行してしまいます。

 

特に生え際のM字後退などは、鏡の正面から見ていても気づきにくく、少し下を向いた状態で鏡を見ないとM字ハゲの進行に気づけないのです。

 

また多くの人は、薄毛が気になり始めても「気のせいかな…」とついつい、放置してしまいます。そのため、改めて気づいた時には、薄毛がかなり進行していて、育毛剤だけでは対応できなくなってしまっているのです。

 

これらの理由から、生え際の後退対策として育毛剤を使っていても実感しにくい人が多いのです。

 

育毛剤で実感できなかったからと言って諦める必要はありません。
AGAクリニックでの発毛治療を行うことで、生え際の後退も実感される方が多いので、育毛剤を実感できなかった方は、専門医で本格的な治療を行いましょう。

 

ただし、AGAクリニックに行けば全員がフサフサになるわけではありません。生え際の薄毛治療を受ける前に、注意点を確認しておきましょう。

 

生え際の薄毛治療を受ける際の注意点

 

 

薄毛がかなり進行しすぎている場合、発毛は期待できない

 

薄毛が進行し始めてから10年以上の歳月が経っている場合、AGAクリニックを受診しても昔のようにフサフサにならないこともあります。薄毛になってしまうと、毛母細胞の細胞分裂の回数が増えてしまいます(ヘアサイクルが早くなるため)。

 

しかし、細胞分裂の回数というのは、生まれた時からある程度決まっている為、細胞分裂の回数に達してしまうと、もう毛は生えてこなくなるのです。

 

よく「薄毛治療は早めに始めるのが大切!」と言われますよね。これは、毛根が死ぬ前に対策をはじめないと変化を感じられないという意味もあるのです。

 

また、発毛治療を行った場合、薄毛になっていた頭皮は、逆再生したように髪が生えてくるといわれています。

 

そのため、最近薄毛になってきた部位⇒少し前に薄毛になってきた部位⇒昔に薄毛になってきた部位、の順で髪が生えてきます。昔に薄毛になってきた部位が、かなり昔の場合、そこまでは発毛しない恐れもあるので、注意しましょう。

 

もともと生えていない部位を発毛することはできない

 

人によっては、高校生・大学生くらいの時期から、既に生え際がM字に後退したような頭皮の方もおられます。

 

生え際というのは、全員がまっすぐ平らになっているのではなく、成長途中でM字になっている人や、凸凹になっている人、富士額になっている人など、個人差があります。

 

AGAクリニックで発毛治療を行っても、元も髪がない部位から発毛することは有りませんので気を付けましょう。

 

AGA以外の症状の場合、治療方法は異なる

 

円形脱毛症や、その他の脱毛の場合、AGA治療では発毛しません。

 

自分の薄毛の症状がAGAなのかどうか、AGA治療による薬の効果の効きやすさなどは、無料カウンセリングや遺伝子検査で教えてもらうことが可能です。AGAかどうかわかりにくい場合も、まずは専門医を受診して相談するのは、良いことです。

 

薄毛治療の注意点を踏まえたうえで、発毛を希望する場合は、AGAクリニックを選んで治療を始めていくことになります。

 

しかし、最近ではAGAクリニックの数も増えてきているため、あなたに合ったクリニックを選ぶ必要があります。

 

薄毛治療は、保険適応外であるため、病院によって治療価格は全然違います。悪徳なクリニックに騙されないためにも、次の項目を確認しながらAGAクリニックを選ぶようにしましょう。

 

生え際の薄毛治療におすすめのAGAクリニックの選び方

 

 

無料カウンセリングを行っている

 

薄毛治療といっても、その進め方は人によって異なります。薄毛の状態・部位・生活習慣・遺伝的要因などは個人差があるため、一人一人に合った治療を行う必要があるのです。

 

そのためには、いきなり治療を始めるのではなく、まずは無料カウンセリングを行っているクリニックを予約することが重要です。無料カウンセリングを行っているクリニックなら、いきなり高額な治療費を請求される心配はありませんし、何より治療内容を説明してもらったうえで行えるので安心して治療に取り組むことが可能です。

 

無料カウンセリングという名の通り、予約をすれば”無料”で相談に乗ってもらえるので、まずは気軽に相談することをおすすめします。

 

料金が明確で医療ローンがない

 

薄毛治療に限らず、最近では多額の借金を作ってしまう医療ローンが問題になることもあります。薄毛治療は、保険適応外であるため継続して通えばそれなりの費用が必要になってくるため、医療ローンを用意しているクリニックもあります。

 

しかし、医療ローン問題に関わらないためにも、料金が明確で医療ローンをおすすめしていないクリニックの方が良いでしょう。治療に行くたびに都度払いなら、お金を払ったのに治療をしてもらえない…といった問題が起こることもなく、安心して治療に専念できますよ。

 

薄毛治療の実績がある

 

薄毛治療を行う上で最も重要なのが、薄毛(AGA)治療の実績の有無です。AGAクリニックは、皮膚科よりも膨大な患者データ・治療データがあるため、よりあなたに合った治療を提案してもらうことができるのが大きなメリットです。

 

そのため、薄毛治療の実績がしっかりとあるクリニックを選ぶことで、失敗しないクリニック選びが可能です。

 

 

AGAクリニックを選ぶ場合、これら3つのポイントに注意しながら選びことで、最適なクリニックを選ぶことができます。では最後に、生え際の薄毛治療にオススメのAGAクリニックをいくつかご紹介しておきます。

 

薄毛治療は基本的に、月に一度の通院が必要になるので、月に一度通える範囲にクリニックがあるかどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

 

生え際の薄毛治療におすすめのAGAクリニック

 

銀クリ(銀座総合美容クリニック)【完全予約制だから安心して通える】

 

AGA薄毛治療の実績があり、他府県からも訪れる方の多い人気のAGAクリニックです。プロペシア・ミノキシジルの外用薬・内服薬の処方だけでなく、成長因子(グロースファクター)などを直接頭皮に注入する「育毛メソセラピー」「ノーニードル育毛メソセラピー」を行っているのが特徴です。また、完全予約制で他の患者さんと合わないようにプライバシーの工夫もされており、生え際の後退で悩んでいる方から人気のクリニックとなっています。

 

1か月あたりの治療費:7,020円〜
場所:東京都港区新橋

 

ヘアメディカル【国内実績130万件以上!老舗AGAクリニック】

 

東京・名古屋・大阪・福岡で展開している人気のAGAクリニックです。国内の治療実績が135万人と、AGAクリニックとしての治療実績は非常に多く、国内初のAGAクリニックとしても話題です。治療実績が他のクリニックよりも圧倒的に多いこと・一人一人に合ったオーダーメイド治療を行ってくれると人気です。

 

1か月あたりの治療費:11,000円〜
場所:東京・名古屋・大阪・福岡