M字ハゲを治療するならAGAクリニックで薄毛治療をはじめましょう

 

M字ハゲがかなり進行してしまっている場合、発毛を希望するならAGAクリニックで薄毛治療をはじめましょう。

 

M字ハゲが気になり始めた初期段階であれば、育毛剤・育毛サプリメントで対策して実感される方も多いです。しかし、ある程度進行してしまっている場合は、育毛剤だけでは不十分であり、専門医で治療を始めたほうが確実に効果が期待できます。

 

今回は、M字はげの治療について詳しくご紹介してきますので、M字ハゲが気になっている方は是非、参考にしてみてください。

 

M字ハゲの治療は皮膚科・AGAクリニックどっちが良い?

 

 

M字ハゲの治療には、プロペシアとミノキシジル、その他育毛成分(成長因子(グロースファクター)、ビタミン類など)を使った治療を行うのが一般的です。

 

最近では、一部の皮膚科でも薄毛治療薬プロペシア(ファイザー)を処方する病院も増えてきました。そのため、M字ハゲの治療に近所の皮膚科を受診する方もおられるかもしれません。

 

しかし、本格的にM字ハゲを治療するなら、皮膚科よりもAGAクリニックを受診することをおすすめします。

 

というのも、皮膚科とAGAクリニックでは、薄毛治療としての効果が全く違うからです。

 

皮膚科での薄毛治療【効果は進行の遅延のみ!?】

 

 

皮膚科での薄毛治療は、基本的にはプロペシア、またはファイザー(プロペシアのジェネリック)の処方のみとなります。一部病院では、フロジン液を一緒に処方するところもありますが、これはそこまで効果が期待できるものではありません。

 

プロペシアの効果は、発毛ではなく、抜け毛の進行の遅延です。

 

具体的には、M字ハゲの抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、乱れたヘアサイクルを整え、抜け毛の進行を抑える効果があります。そのため、現状維持で満足できる方、これ以上薄毛の進行をさせたくないという方には、ピッタリの薬となります。

 

しかし、M字はげの部分を発毛させたい!と希望する方には、プロペシアだけでは不十分となります。あくまでも抜け毛を抑える薬であり、発毛の効果は期待できないので気を付けましょう。

 

AGAクリニックでの薄毛治療【発毛を行える!?】

 

 

一方、AGAクリニックでの治療は、プロペシアに加えて発毛効果のあるミノキシジルの処方が一般的です。ミノキシジルは、毛母細胞を活性化させて発毛効果が認められている薬となります。

 

AGAクリニックでは、その人の頭髪状況に応じて外用薬・内服薬のミノキシジルを処方してもらうことが可能です。

 

プロペシアとミノキシジルの両方を使うことで、抜け毛の遅延・発毛効果があるため、M字ハゲの治療には、AGAクリニックを受診することをおすすめします。

 

また、クリニックによっては、育毛メソセラピーといって、ミノキシジル・成長因子(グロースファクター)などの育毛成分を直接頭皮に注入する施術を行っているところも多いです。直接頭皮に注入するため効果は絶大で、多くの方が満足している施術の一つとなっています。

 

特にM字ハゲの場合、皮脂の分泌が多くてなかなか成分が浸透しにくいため、育毛メソセラピーを行うかどうかも検討してみると良いでしょう。

 

M字ハゲの薄毛治療にオススメのAGAクリニックの選び方

 

上記のとおり、皮膚科とAGAクリニックでは同じ「薄毛治療」でも、その効果が全然違うため、AGAクリニックを受診することをおすすめしています。

 

とはいえ、最近ではAGAクリニックの数も増えてきている為、どこを受診すればよいのかイマイチわかりにくい…という方も多いです。

 

そこで、M字ハゲ治療で失敗しないためのAGAクリニックの選び方について、次のページで詳しく説明していますので是非、参考にしてみてください。

 

>>> 生え際を発毛させる薄毛治療を徹底解説【AGA病院で発毛治療をはじめよう】