ストーリー

舞台上で、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」が演じられている。
終幕に近いクライマックス、第5幕第5場。
そして、終演となって、舞台上に全キャストが集まって挨拶する。
観客はスタンディング・オベイションで大きな拍手を送る。
観客席がはけて、照明も消されて、俳優たちが引き上げてゆく。
ここはローマ近郊にあるレビッビア刑務所 重警備棟、
「ジュリアス・シーザー」を演じ終えた囚人たちが、自分の監房へと帰ってゆく。

6か月前
レビッビア刑務所長が、新年度の演劇実習の開始を囚人たちに発表している。
指導する演出家のファビオ・カヴァッリが代わって、詳細を話し始める。
「今年の演目は、シェイクスピアの“ジュリアス・シーザー”」
そして、俳優選出のオーディションが始まった。
各々に、氏名、誕生日、出生地、父親の名前を二通りの言い方で言わせる。
一つ目は、国境で、奥さんに泣いて別れを惜しみながら――
二つ目は、強制的に言わせられているように――
最初は哀しみを、次は怒りを表現する。
配役が決まった。
シーザーに、麻薬売買で刑期17年のアルクーリ。
キャシアスに、累犯及び殺人で終身刑、所内のヴェテラン俳優であるレーガ。
ブルータスに、組織犯罪で刑期14年6ヶ月のストリアーノ。
次々と、主要キャストが発表される。
刑務所内の劇場が修理中のために、所内の様々な場所で稽古をする俳優たち=囚人たち。
一般観客を迎えてのお披露目に向けて、稽古は繰り返されてゆく・・・。